吉備路の旅 二日目2017/10/06

 二日目は自転車を借りてサイクリングをする心算でしたが、生憎の雨。仕方無しに車で周る事にしました。先ず、国分寺。


吉備津神社

 続いて、ジャパニーズサークルストーンの楯築遺跡。国分寺からの経路が判り辛く、案内も余り無く苦労しましたが、スマホのGPSに助けられ何とかたどり着けました。


 備中一宮の吉備津神社。大社でないのが不思議な位、立派な神社です。


 吉備津神社本殿。拝殿と本殿が一体となり、出雲大社と負けない位、大きな造りの本殿となっています。


 そして、日本一長い回廊。屋根のある参道です。見方によっては伏見稲荷の鳥居のトンネルを思わせます。


 後ろの山を挟んで東側にあるのが、備前一宮の吉備津彦神社。祭神は吉備津神社と同じ吉備津彦命。


 吉備津彦神社の隋神門。後ろの山が備前備中の国境。反対側に備中一宮の吉備津神社があります。


 吉備津彦神社の拝殿と本殿。こちらは吉備津神社と異なって分かれています。合体すれば吉備津神社に負けないかも。


 昨日、江戸と大化の城を見たので、最後は戦国の攻城戦で名をはせた備中高松城址。全く平坦で、言われなければ普通の公園です。


 本丸跡には清水宗治の首塚と辞世の句の石碑が建って居ます。


 昭和60年にこの地を襲った水害により、この備中高松城跡も水没し、高松城水攻めの再現となったそうで、資料館にその時の写真が展示してありました。

 二日間の吉備路の旅の写真はブログでは紹介しきれませんので、デジブックのスライドショーにしてみました。宜しければ下記のページにアクセスして御覧下さい。
http://www.digibook.net/d/ad55cdffa00ebe95218a7e83c47735ab/?viewerMode=fullWindow