欅句会 2017.092017/09/05

 9月の兼題は終戦日と花火線香。非常に重いテーマと幼き頃を思い出させる題材である。終戦日は夏の高校野球全国大会の真っただ中で、正午の時報と共に選手と数万の観客が起立して1分間の黙祷をする光景をテレビ中継で見て、今日は終戦日だったなと感じるのだが、今年は何と雨のため初めて中止となった。別の句を作ってみたものの、選句して頂けるような句にはならなかった。投句された句を詠むと皆それぞれの終戦日の思いがあるのだと感じました。
 私が頂いたのはDTTさんの句で季語は無いが、詠んだだけで広島、長崎、終戦と続く鎮魂の日々を思わす句でした。

 子供の頃、夏休みの夜、近所の子供が集まって花火遊びをしましたが、最後は何時も線香花火でした。そんな情景を句にしたのですが、選句して頂けませんでした。
 私が頂いたのはUFOさんの線香花火で遊んでる子供達の背景を詠んだもの。視点の付け所が流石、UFOさんと思いました。

 先月の句会の時、兼題とは別に先生を始め3方より、恋句のリクエストがあり、リクエストに応えなければとネタを探してたところ、NHKの大河ドラマで膝枕のシーンがあった。膝枕って家内以外してもらった事があったかなと思い出して見ると、55年以上前の事ですが、港の近くに住む子に花火大会に行くからと言ったら、岸壁の一番前に場所を確保しててくれて、真上に上がる様な場所だったので、仰向けで見ないと見づらいので、寝転ぶとその子が膝を貸してくれた。それを恋句に仕立ててみました。

       君の膝 借りて見上げし 大花火

 先生を始め5人の方に採って頂きましたが、リクエストした一人は悔しいので採らなかったって!なんのこっちゃ!

 当期雑詠で採って頂いた句は先生だけでしたが、初盆のお参りに行った時、通されたのは冷房のない和室であったが、出されたお茶を口にして、えぇ!と思い出来た句です。

       水出しの 玉露出されし 夏座敷

私が当期雑詠で頂いたのは
 MUJさんの毒きのこ、色鮮やかな毒きのこに出会った時の感激が伝わって来ます。
 HDYさんの門火は悲喜こもごもが混じり、悲しみの中にも希望の見える句でした。
 YSTさんの法師蝉はその鳴き声が行く夏を惜しむように聞こえると詠んだもの。城山を散歩しててつくづく感じます。
 NYNさんの秋の旅は俳句の聖地にでも行かれたのでしょうか。わたしなら俳句箱ではなく投句箱としたいところです。
 IMOさんの風の盆は踊りの指先に色気を感じたもの。細かい所の観察力はIMOさんならではです。

 今日の特選5句の内4句を選句候補に入れときながら、最終的に選んだのはUFOさんの句のみ。先生の句も候補には入れるけれども、最終的に選べない。選句力が足らないのか、好みの違いなのか悩みます。