遠雷2017/08/22

 今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       椋誠一朗選       遠雷や 五回表の 守備に就く

 今日、高校野球選手権大会は準決勝を迎えた。二試合とも雷の聞こえる中、稀に見る熱戦であった。今まで一番面白いのは準々決勝と言われていたが、今年はその前の三回戦と準決勝が面白かった。高校生の体力の向上とバッティング技術の向上、そして投手の疲れの見える終盤と荒れたグラウンドのせいか、大量点を取っていても安心できない試合が多かった。
 高校野球の地方大会は5回で10点以上、もしくは7回で7点以上の点差があればコールドゲームとなるが、今日の試合を見ているとそれは正しいのかと言う気になる。また、プロ野球では5回を過ぎれば、降雨コールドゲームが成立するが、高校野球では7回を過ぎないと降雨コールドゲームは成立しないと聞く。
 掲句は地方大会の時、詠んだ句ですが、遠雷が聞こえて来た五回表に何を思いながら守備に就いたのやら。