大山元谷ハイキング 20172017/05/02

 今年も最後の花見に元谷へハイキングしました。昨夏以来家内の膝の調子が悪く今年は連れて行けないかなと思っていましたが、何とか一緒に行けることが出来ました。

大山元谷ハイキング

 行く道中、足元をを見れば早春の花の花盛り、猩々袴(ショウジョウバカマ)に


 深山酢漿草(ミヤマカタバミ)、等々


 見上げれば葉団扇楓(ハウチワカエデ)の紅色の花が今から紅葉を連想させます。


 そして、橅の若葉が眩しいです。


 若葉萌えは元谷の残雪が消えて行くのと歩調を合わせる様に渓を登って行ってます。


 堰堤を越えてもう一息登るとお目当ての大山桜。


 北壁の残雪とのコラボレーションを楽しみに四半世紀通っています。


 振り向けば日本海に浮かぶ隠岐の島。これを肴の昼の弁当の美味しい事!


 でも、良い事ばかりではありません。この時期は大山の崩落激しい時。音を立てて崩れるのを目の当たりにするのが悲しいです。


追記:今日の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

     野田哲夫選     相傘を 突っつく 枝垂桜かな

 先月の欅句会に出した句ですが、4句投句した中で唯一誰も採らなかった句です。日本海俳壇の撰者もこの句を採って頂けるのは野田先生しかいないと思ってぶつけてみましたが、正解でした。
 欅句会からは他にNYNさんがお孫さんと共に入選。しかし、最近句会を欠席されている事もあり、句の内容が気になります。

船通山 20172017/05/07

 大型連休最終日、連休中一座も登らないのは癪なので出かける事にしたが、黄砂のため展望は望めないので、春の野花を楽しみに船通山に向かいました。

船通山 2017

 前回は島根県側から登ったので今回は鳥取県側から。沢沿いの健脚コースを登って行くと足元に一人静が。


 そして、ムラサキキケマンの様な形をした青い花。ムラサキキケマンは毒草ですが、こちらは薬草のヤマエンゴサク。


 健脚コースの中間点にあるのが天狗岩。迂回しながら登と岩の上部に達します。


 岩の上部で咲いていたのが、トキワイカリソウ。この不思議な形は何のためと思ってしまいます。


 十年ぶりに出会えたのがニシキゴロモ。白のニシキゴロモは初めてです。


 登山口から1時間足らずで山頂。やはり結構登って来ている。そのほとんどが島根県側からだ。


 それにしても山頂のカタクリのお花畑には圧倒されます。


 数多くの中から別嬪さんを選んでみました。


 下りは一般コース。しかし、木段の続く道でそう楽でもない。こちらの中間点にあるのが烏帽子岩。前は看板が在ったと思うのだが、何の表示もありませんでした。


欅句会 2017.052017/05/09

 5月の欅句会は1週遅れで大山吟行ですが、その前に今朝の日本海新聞に下記の句が入選しました。

     佐藤夫雨子選     廃線の 決まりし駅の 桜かな


 写真はネットで拝借したものですが、JR三江線が来年の4月1日に廃線となる事が決まったニュースに接し詠んだ句です。三江線は1kmも乗車した事はありませんが、沿線は仕事で何度も車で通りました。また、東京に居た頃、江の川に架かる鉄橋の図面引いた思い出もあります。写真は潮駅との事ですが、桜の頃この駅の傍を通り、何時か写しに来たいと思った場所でもあります。もし、来年の桜が廃線までに間に合えば是非訪れたいと思っています。

 さて、吟行の会場は何時もの山楽荘。今年は開花の時期が遅かったのか、庭は石楠花の花に満ち溢れていました。

       石楠花の 満ちたる庭や 坊の宿

石楠花の宿

 皆さんこの景色を見て、宿に入られたので、共感を得たのではないでしょうか。先生を含む5人の方に採って頂きました。

 今迄、吟行で奥宮まで登った事は無かったのですが、今年は桜が咲いて居ると聞き、雨の中登ってみました。境内の桜は数年前の大雪でズタズタにされましたが、宮司さん等の努力により沢山の花を付けるまでに回復していました。ここまで登って来た人へ余花のご褒美です。

       奥宮を 訪ねし客に 余花盛り    


 先生の選に入れて頂きました。写真は撮っていないですが、奥宮からの帰り道は雨に濡れて滑り易く苦労しました。

       奥宮の 参道濡らす 若葉雨

 二番煎じの様な気がしましたが、一人の方に採って頂きました。

 大山寺の周りには沢山の塔頭の址が残って居て雑草に覆われているが、その中で今は著莪が盛りである。

       塔頭の 址に咲きたる 著莪の花


 この句も先生一人に採って頂きました。

 お昼は山楽荘の山菜精進料理。皆さん、これが食べたくて毎年のようにここが吟行の会場に選ばれているのでしょう。


 選句は7句ですが、私が頂いたのは
  FWJさんの青嵐。金門で見上げる大山の北壁と春の嵐が上手くかみ合って、特選5句の一句。
  KKJさんの瑠璃鳥。句会に参加して二年目の若々しい一句。直ぐに作者を読めましたが、頂きました。
  先生の大瑠璃は黄砂との組み合わせが絶妙。参加者の半数からも支持を得ました。
  DTTさんの新樹の俯瞰は視点の見方が驚き。先生もそう思われて採られていました。
  OTTさんの余花は奥宮へ登る最後の石段に落ちてた花弁を見ましたが、それを詠まれた句と思い頂きました。
  SNIさんの新緑の中を吟行した人は同じ思いでこの句を読んだと思いますが、控えめな表現故点が伸びなかったのかな
  NOTさんの緑雨は子供の頃見た「路傍の石」の映画を思い起こさせ採らずにおられませんでした。
 何と、今日頂いた7句は全て別の人。もし、選句が8句なら八方美人の選句となったやも知れません。

御墓山~猿隠山縦走2017/05/14

 奥日野ガイド倶楽部主催の春の奥日野五山巡り最終日、御墓山~猿隠山縦走に参加しました。鳥取県の日南町と島根県の安来市の県境の尾根伝いに歩く約6kmのコースです。

御墓山~猿隠山縦走

 登山口は日南町と奥出雲町の町境の大菅峠の近くにあります。最初に登る御墓山はイザナミノミコトを葬ったとされる伝説の地の一つ。これでその地を四つ登った事になります。


 御墓山山頂近くの祠。樹木が茂っていて確かなことは言えませんが、この真後ろが山頂だと思います。


 御墓山山頂は一位の木ですっぽりと覆われていました。


 縦走路上の最高地点、牛ノ首山(標高847.2m)山頂に到着。展望は利きませんが、此処で昼休憩。


 縦走路は殆んど展望は利きませんが、藤の花や新緑が和ませてくれます。


 猿隠山山頂(標高817.0m) 安来側の樹木が切払されて北側に展望が広がっています。遠くに京羅木山、その先に島根半島が望めます。


 北側の斜面を一寸下ると大山が見えました。


 下山口は日南町と安来市の境にある砥波峠。休憩を含み4時間弱の山歩きでした。


新緑の大山環状道路2017/05/16

 まず、今朝の日本海俳壇に下記の句が二席で入選しました。

       遠藤裕子選     擦れ違ふ ポニーテールと 春の風

 気温が割と低く、高曇りで林の中を撮るには良いかも知れないと思い、大山環状道路ドライブに出かけました。江府町経由で鍵掛峠に向かったのですが、田植えが進んでいたので、何時もの棚田で途中下車したところ、思いもかけず逆さ大山に出合えました。


 木谷を見下せる駐車スペースからは、木谷のブナ林の新緑が樹海の様に広がっています。


 鍵掛峠から見る大山の南壁。紅葉の時は駐車場に止めるのに苦労しますが、貸し切り状態。この差は何だ!


 紅葉の時は全山紅葉とは中々なりませんが、今日は全山新緑に覆われていました。


 環状道路は奥大山スキー場から桝水高原まで新緑のトンネルが絶えません。

新緑の大山環状道路

 晴天の時はコントラストが強く、中々気に入った写真が撮れないのですが、今日の写真は如何でしょうか。