梅と大山2017/03/04

 伯耆町の小林に梅と大山を撮りに出かけました。 今年は寒かったので、まだ咲いてないのか中々見つかりません。


 探し回ると畑の中に黄色い花の咲いている木を見付けました。


 早速近付いて、大山を背景にパシャリ。


 梅の種類が判らないので帰ってから調べるためにアップしてみました。


 ネットで検索した結果、素心蝋梅でした。蝋梅は花の中央部の花心が赤紫なのに対しこちらは色の変化がなく黄色が鮮やかで見栄えがするので、こちらの方が人気があるとあった。


 雪の中の白なので気が付かなかったが、白梅もすぐ近くに咲いていました。 


欅句会 2017.032017/03/07

 まず、今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

     野田哲夫選     悩ましや 恋と花粉に 春の風邪

 2年前の欅句会の兼題で投句した句です。評価の分かれる句なので野田先生だからこそ採って頂けたと思います。

 欅句会の今月の兼題は春の山と暖か。春の山は変化が激しい。雪解けが始まりあっと言う間に、雪山が若葉の山に代わって行く。

       白衣脱ぎ パステルカラーの 春の山

 この句が私が今日名乗りを挙げた唯一の句でした。しかも一回だけ。先月の好成績から急転落です。好不調の波があるからこそ、句会は止められない。
 私が頂いた春の山はUFOさんの御主人の事を詠んだ句。UFOさんの句だと直ぐに察しがつきましたが、外せません。
 KKTさんの句は私と同じ光景を詠んだものですが、こちらはゆっくりした変化と捉えられていました。
 YMTさんの句は上五中七までは私が考えていた句と同じでしたが、下五が意表を突き素晴らしい。その下五で特選句!

 暖かで頂いたのはSENさんの母の声。凝らないさり気無さが良かったと思いました。
 DTTさんの空の色の変化で暖かさを感じ取ったもの。頂いたのは私一人でしたが、他の人は常識と捉えたのかな。
 私の暖かは誰にも採って頂けませんでしたが、対象の人から詠んでくれてありがとうと言われました。

 当期雑詠で頂いたのは残りの二句。
 SORさんの笑い皺は季語は春の山ではなかったが、春の山が微笑んでいる様で面白かった。
 HDYさんの目刺しは名を哀れと感じて詠まれたと思いますが、土光さんならどう評価されるのでしょうね。

 選句候補には入れたが、選句しなかった句にFHJさんの句が二句。両句とも高点で一つは特選句。投句が不調の時は、選句も不調の様だ。
 


伯耆町の梅林2017/03/11

 先週は黄色の蝋梅を見たので、今日は紅白の梅の競演を見に出かけました。向かったのは伯耆町の畑で見付けた梅林。

伯耆町の梅林

 最初、日陰側から見た時は大して咲いていないなと思ったのですが、日向側から見ると大したもの。


 今迄、これだけ密集して咲いている梅は見た事がありません。


 青空に白梅と紅梅のコラボレーション!


 紅梅もかなり密集して咲いてました。


 更に近付いてズームアップして見ると、まるで牡丹の様です。


 他にピンク色の梅の花もありました。


根雪2017/03/14

 今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

     佐藤夫雨子選     大山の 幸育みし 根雪かな

根雪

 御机の棚田には写真を撮りに毎年春夏秋冬訪れるのだが、今年は例年にない積雪で、御机の人は雪掻きが大変だったと思われます。しかし、この雪が水甕となって大山周辺の田畑を潤し、美味しい米を育ててくれるのだと思い作りました。

大山まきばみるくの里2017/03/19

 彼岸の連休に入ったというのに大山はまだ雪に覆われています。でも大山まきばみるくの里は昨日からオープンです。

大山まきばみるくの里

 まだ、観光施設が休業中の所が多いのか、ここの駐車場は県外車であふれてます。


 しかし周りは一面の銀世界。売店は買い物客で大混雑。しかも今日は暖かかったからソフトクリーム売場は大行列です。


 彼岸なのに大山の西側にこれだけ雪が残って居るのは近年、稀に見る景色です。