枇杷2016/06/22

 日本海俳壇に2週連続外れてますが、知合いに「最近載ってないね」と言われてしまいました。載っているのが当り前と思われているとは嬉しい限りです。
 捨てる神あれば拾う神ありではないですが、私の句が今朝の朝日新聞のとっとり俳壇に入選していると入門以来の句敵より報せがありました。

     二宮俊彦選     久々の 白のネクタイ 枇杷実る     釋 朗然


選評にはこうありました。
 春の喜びを詠んだくであろう。「枇杷実る」という季語を下五に使うことで句の座りがよくなった。結婚式のよろこびを「枇杷実る」という抑えた表現にしたことにより、読む人に深い思いを伝えることができた。

 句自体は5年前の欅句会での特選句ですが、ようやく日の目を見る事ができました。