日本三百名山 那岐山2016/04/24

 高校の同期生3人で日本三百名山一泊二日二座の旅。初日は那岐山。我が家を7時10分に出て、9時50分登山開始。

日本三百名山 那岐山

 直ぐに東仙コースと西仙コースに分かれるが、登りは西仙コースを選択。西仙コースは更に渓流コースと尾根コースに分かれるが、尾根コースを選択。理由はこの時期咲いている岩団扇(イワウチワ)に出合うため。岩団扇は那岐山が西限である。


 更に尾根コースの尾根はシャクナゲの峰と呼ばれるほど、至る所にシャクナゲの花が咲いている。


 休憩しながら登る事、約2時間で県境の稜線に出る。西の方は滝山への縦走路となっている。


 直ぐ傍に四等三角点(標高1,240.3m)。但し山頂は右奥の峰の人が沢山立っている所で、標高は1,255mです。


 山頂より三角点のピークを望む。左下は頂上避難小屋。


 眼下に岡山県の日本原が一望できるはずですが、今日は黄砂のため霞んで見えません。


 下山は縦走路を東に向かい東仙コースで。


 この東仙コース、急な丸太の階段が長く続き、嫌に成るですので、登りには向かないと思いました。