欅句会 2015.092015/09/01

 今日は欅句会の前身の俳句入門講座の開講丸六年の誕生日です。6年前高校の同期生が俳句入門講座を始めると聞き誰も来なかったら寂しいだろうと思い、冷やかしに顔を出したのだが、6年も続くとは思わなかった。入門時に門を叩いたのは15人でしたが、その内の9人を含め今や欠席投句を含め常時30人近くが参加する県下有数の句会へとなりました。記念の日の兼題は梨と月。何方も二音。難しいとされる雪月花と同じで、残り15音の勝負で句力が試されます。私が投句したのは

       梨どうぞ 皮剥く指の ネイルアート

 予想通り、採って頂いたの先生のみ。カウンターの向こうで梨を剥くママさんの指にびっくりです。

       夕月や 地面に寄り添う 影蒼し

 私は名月と書いたつもりでしたが、何故か変わってました。それが良かったのか先生を含め二人の方に採って頂きました。兼題の句は3句以上必ず頂く事にしていたのに、今日は気が付けば一句も採らず。呆けの前兆かな?

 当期雑詠で撮って頂いたの一句のみ。

       北窓の 風に振り向く 処暑の朝

 朝、何時もの様に北窓を開け、次に南窓を開けると涼しい風が、思わず振り向きました。その後新聞を見ると処暑でした。
 兼題で採らなかったので当期雑詠で頂いたのは7句。

  SEMさんの原爆忌は上五が原爆の破裂した瞬間を思わせます。
  IOTさんの終戦日は昭和30年代前半の日常を思い起こさせ、本日の特選句。
  FHJさんの夏逝くは二句共頂きました。先生は夏惜しむは無いと言われるが、私は四季の中で一番感じます。
  FHJさんの句をもう一句。書肆(しょし)の秋は読書の秋の彼女ならではの表現と思わせます。
  HDYさんの新涼は今年の芥川賞を詠みこんだ正に旬の句。
  STTさんの秋の風は上五中七は目の付け所が違います。流石作家!

 何と言っても今日の主役はUFOさん!特選5句のうち三句も掻っ攫いました。私は何れも頂きませんでしたが、糸瓜の忌は最後まで迷いました。

 句会とは別の話ですが、アサブロのアクセスランキングが5日続けて100位以内。しかも昨日は何と20位。そして、書き込まれたコメントが300以上。全て外国語!お手上げです。辞書を片手にでは間に合いませんので、Googleの翻訳機能を使って見るのですが、正確では無い様に思えます。また、フランス語スペイン語ベトナム語などはまったく対応で来てません。外国語のコメントが入るようになったのは、今年の6月からですが、何故この様に拡散したのか原因が解りません。誰か教えて m(_ _)m

 


姪の結婚式2015/09/05

 姪の結婚式に参列しました。大安吉日で今日だけは神様も雨雲を遠ざけてくれたようです。


 場所は、あけまの森のプリムローズガーデン。森と水に囲まれた結婚式場です。


 新婦入場です!

姪の結婚式

 一句浮かびました。桃熟れて森のチャペルの挙式かな


 フラワーシャワーを浴びて、純白のドレスが花柄模様となりました。


 新郎新婦席に残った本日のコース料理。


 結婚式とは関係ないですが、昨日のアサブロのアクセスランキングに朗然の徒然が11位となりました。


 ブログを初めて5年余り、沢山の皆様に読んで頂いたお陰です。ありがとうございました。

メロン2015/09/08

 城山に今年も藪蘭が咲き始めました。


 たぶん、ヤマジノホトトギスも咲き始めているのではないかと思いますが、雨が続いているのでそこまで行けません。

 今朝の日本海俳壇に入選した句です。

       遠藤裕子選     仏間より 溢れ出でたる メロンの香

 季節外れですが盆の頃、投句しましたので、今週の掲載となりました。

二百二十日2015/09/11

 9月10日は二百二十日。最近そう言う言葉は聞かなくなったなと思っていたら、その日の夕方とんでもないニュースが飛びこんで来た。まるで4年前の大津波の再来の様な映像である。


 南北500km、東西200kmの巨大な線上降水帯が北関東に留まり、鬼怒川が決壊したのだ。そして今日は線上降水帯が宮城県に北上し、大崎市の多田川の支流の渋井川が決壊したとのニュース。なんとまぁ懐かしい名前を嫌なニュースで聞くとは。40年前、多田川と渋井川に架かる橋を設計した記憶が蘇ったのだ。
 打合せで古川の駅前にある小さな旅館に泊まったのだが、そこで食べた御飯でお米ってこんなに美味しいものだったけと思いました。当時、日本一美味いと言われたササニシキの産地だったのです。
 こんな災害のニュースを目にすると、国立競技場の建て替えよりも、災害に強いインフラ整備が先ではないかと思うのは私だけでしょうか。

美保の北浦2015/09/14

 今年も夏を惜しんで美保の北浦に出かけました。視界が良く隠岐もはっきりと見えました。


 海の透明感も此処の魅力です。


 法田漁港は海の底まで見えます。


 今回はカメラの設定をあざやかブルーにして撮ってみました。

美保の北浦

 平日ですが、やけに釣り人の姿が見えます。リタイヤーした人が多くなったという事か。


 道路脇の岩の色と空と海の色の対比が面白く撮ってみました。