欅句会 2014.122014/12/02

 12月の兼題は年賀状に添える一句と熱燗。熱燗は兎も角、11月に年賀状に添える一句を詠む気にはなれない。毎年見る新年の景色を思い浮かべながら

       見慣れたる 景色を拝む 初山河

と詠んで出したのだが思いもせぬ5点の高得点。しかも、採って頂いた方々に選評まで頂きました。先生の撰には初め入っていなかったが、後で見逃したと言って補欠入選しました。
 私が頂いた年賀の句はHSAさんの去年今年。上五、中七、下五それぞれに去年今年と同じ様な言葉のリズムがあり、中七が8文字になってはいましたが、頂きました。他に頂いたのは先生の悪筆、MTNさんの賀状、NKMさんの喜寿の春、TGSさんの実南天。

 熱燗は面白い句が沢山有り、私の句は埋没してしまいました。特に女性方の句が意外で面白かった。私が頂いたのは、本日の特選句になったYWHさんの本心。5点の内4点が男性という事は酒の上の男の話を解る人が採ったと言う事か。他に頂いたのはMSTさんの名優の死を悼む句。

 当期雑詠の一つは、ウォーキングの途中で見た、えぇ!と思った光景を句にしたものです。

       ベランダに 並ぶ美脚や 掛大根

 先生を含め5点の高得点を頂きましたが、俳句では無く川柳だとの声もありました。点を頂いたのは後一句。

       冬の雨 静寂破る 能鼓


 先月の初め、能を初めて観る機会を得て、小鼓を叩く音が思いの外、大きくてその思いを詠み、先生の撰に入れて頂きました。年賀の句と熱燗で7句選んでしまい、他の人の当期雑詠を頂く枠が無くなってしまいました。

 最後に今朝の日本海俳壇に入選した句です。

       紅葉且つ 散る長年の 戦跡

 名和長年の船上山の古戦場の紅葉を詠んだのですが、家内を始め俳句をしてない人には読めないと不評の様でした。



初積雪2014/12/06

 米子の初雪は12月2日でしたが、今朝は初積雪を記録しました。


 今朝の最低気温は 0.3℃ この冬一番の冷え込みです!


黄落2014/12/09

 今朝の日本海俳壇に入選した句です。

       黄落の 坂を下れば 大手門


 国道9号を松江方面から米子に入ると深浦橋の手前より銀杏並木並木が坂を登って下るまで続きます。黄落の季節は歩道に金色の絨毯を敷き詰めた様になります。坂道を下り切った辺りが米子城の大手門があった場所です。
 欅句会からはYWHさんも入選してました。


帰り花2014/12/16

 一週間のご無沙汰です。この一週間、天候不順もあり、年賀状作りに勤しんでいましたし、ブログのネタに困っていた所、今朝の日本海俳壇に入選しました。

       帰り花 枝を透かして 伯耆富士

帰り花

 これで、今年の目標にしていた入選 20句を達成する事が出来ました。来年は年間 24句、つまり月2回は入選出来る様精進したいと思ってます。

冬晴間2014/12/19

 9日ぶりの晴天です。山陰にとって冬の晴れ間は貴重です。しかし、梅雨晴間という季語がありますが、冬晴間という季語は有りません。山陰というと天気が悪いというイメージがありますが、年間日照時間は東京と変わりません。という事は冬以外は東京の方が天気が悪いのです。

安来市みさき親水公園

 中海からの大山を撮りに安来市のみさき親水公園に行って来ました。


 帰りは一寸脇道を通って、中海と城山と大山の三重奏をパチリ。