欅句会 大山吟行2014/11/04

 昨日、大山初冠雪が記録されました。欅句会の秋の吟行はそれを予知したかのごとく大山で行われました。

大山初冠雪

 紅葉と初冠雪、それを季重なりにならない様、如何に詠むか頭を悩ませた末、

       神住まふ 稜線白き 紅葉山


 ほぼこの一句に頭を悩ませたかいがあって、朝日新聞とっとり俳壇の常連の二人に採って頂いた上、本日の特選句にも選ばれました。

 大山寺より南光河原沿いの遊歩道を歩いていると面白い形をした石仏が並んでいたので、

       鐘鳴りて 石仏並ぶ 枯葉径


何故か最後に鳥博士に採って頂きました。頂かなかったが、Shosiさんの詠まれた地蔵列はこの景色だったであろうか。

 昼食は宿坊山楽荘の茸尽し。私の正面と隣は朝日新聞とっとり俳壇の常連の二人。そして、浮かんだのが

       真向ひに 句敵据へて 茸膳


 エイヤ!で出来た句なのに、句敵4人に採って頂いた上、本日の特選句にも。皆さんもそう思いながら茸膳を食べていたのかな。

 最初の句で精力を使い果たし、後二句が纏まらない。ここは奥の手で矢筈ヶ山に登った時出来た句を使っちゃいました。まず、大休峠の避難小屋の前で詠んだのが

       荷を下す 紅葉囲ひの 避難小屋


何故か女性が二票。

 矢筈ヶ山の頂上から甲ヶ山を見た時、1週間前国立博物館の国宝展で見た緋縅の鎧を思い出しました。

       紅葉なる 緋縅纏う 甲ヶ山


 この景色を見たのは先生と鳥博士位としか居そうもないので、誰も採らないかなと思っていたら、先生が採ってくれました。

 レベルの高い先生の句は理解し難く、頂く事は稀なのですが、今日は3句も頂いちゃいました。鷂(ハイタカ)と私の最初の句と同じ様な句と龍田姫。3句共頂いたのは私一人だったのでは。
 IOTさんの金門は普通の位置で大山を望むと背後になるので同時に見る事は無いのだが、視点を変えた見方で頂きました。先生を含め5点句。
 Guriさんの特選句は紅葉より美人画をイメージされるなんてGuriさんならではの句で頂きした。
 Shosiさんの唐松は晩秋の神社の雰囲気が出ていて頂きました。
 最後に不在投句と思われる句から一句。TSTさんの術後の経過の報せを詠んだ句は何かほっとさせられる句でした。

 泣き泣き落としたのは特選に選ばれたUFOさんの憂いの句。先生も選ばれた、たぁさんの朴落葉。MSTさんの句は3句ノミネートしたのですが、その中で惜しくも外したのが神の旅。

 何時も吟行の成績は良くないのですが、この度は特選二句を含め5句全てを採って頂き、計二桁の得点は正月以来!

銀杏並木2014/11/07

 山の紅葉がそろそろ散り始めると街の街路樹の紅葉が見頃となります。国道9号の米子に700mの銀杏並木があり、黄色に色付いてます。

銀杏並木

 湊山と飯山に囲まれた南北の通りなので、左右の両方に日が当たるのは午後一時前後の数時間ですが、黄金の並木道を演出してくれます。


 枝の剪定をしないで、黄金のトンネルにしてくれたらと思いますが、坂道で銀杏によるスリップを恐れてか、黄葉が終わるのを見計らって剪定されてます。


 今年は特に銀杏が多く路面に落ちて車に轢かれた気がします。

       びしばしと 木の実轢かれる 並木道

秋櫻2014/11/11

 今朝の日本海俳壇に入選した句です。

       超高層 ビルの谷間 に秋櫻

 先月上京した時、浜離宮より汐留の高層ビルを見た時の光景を句にしたものです。


 それとは関係ないですが、今年の大山の紅葉を50枚に纏めてデジブックのスライドショーにしましたのでご覧ください。

大山冠雪2014/11/16

 二三日前の冷え込みにより大山が二度目の冠雪となった。青空の下で大山を撮りたかったが、明日から天気は下り坂なので、薄曇りであるが出かけました。まず、江府町貝田より。

大山冠雪

 そして、西成池で逆さ大山撮るつもりでしたが、さざ波があり撮れず池を外してパチリ。


 伯耆町は小学校を一つに統合する話があり、この日光小学校も今年度で廃校かな。


 添谷展望駐車場より、小公園の紅葉を入れて。


 西側はまだ雪が少なく、伯耆富士の雰囲気ではありません。




紅葉2014/11/18

 11月18日は日本土木学会が定めた土木の日ですが、知名度は低く季語にもなっていません。それとは関係ないですが、今朝の日本海俳壇に大山吟行で句会に出した句が入選しました。

       荷を下す 紅葉囲いの 避難小屋

ドウダンツツジ

 大休峠の避難小屋ほどでは無いですが、我家も生垣の一部が紅葉してます。


 今年は急に冷え込んだせいか、ドウダンツツジの紅葉の色が特に鮮やかな様です。