欅句会 2014.072014/07/01

 7月の兼題は滝とマンゴー。雪月花と同じで二音の季語の句は難しい。難しついでに、あまり詠まれた事の無い滝口で挑戦してみる事にした。小さな滝は兎も角、落差の大きい滝の滝口に立てる機会はそうあるものでは無い。この近くでは船上山の雄滝は落差 109mで滝口に立っても滝は見られない。川がそのまま空に吸い込まれている様に思える。

      滝口や 空に飲まるる 川の水

 この光景を思い浮かべる人は居ないだろうなと思っては居たが、それでも一人の方に採って頂きました。私が頂いたのはIOTさんの瀧音が地響きの様に聞こえる事を詠んだ句。先生の撰にも選ばれてました。

 マンゴーは食べた記憶がないので、私の句は論外。頂いたのはYSTさんの三枚おろしにしたという句。皆さんの意見では三枚おろしにしないと切れないそうだ。

 雑詠の三句は全て採って頂きました。まず、御机の棚田の先に大山が見える光景を

      青田風 棚田吹き抜け 神の峰

棚田の青田

一人でしたが、良きライバルに採って頂いたのが嬉しい (^o^)v


 今年も我が家の庭は捩り花に占拠されてます。捩り花じっと見ていると体操の捻り技に見えてきました。それを句にしようと悩んだのですが、妙案が浮かばず種目を変えて

      飛び込みの 連続写真 捩り花



先生の他に二人の方に採って頂きました。

 先日、大神山神社奥宮に参った時、参道の石畳の両側に咲くエゾアジサイが綺麗であった。雨は降っていなかったが

      額の花 小雨に煙る 石畳


二人の方に採って頂きました。

 雑詠で私が頂いたのは、松江から初参加の方の昼寝の句。にやっとする句では今日一番。
 たぁさんの五月闇は何もする気になれない雨の日の様子を良く表していた。
 DTTさんの梅雨の宵は今日出た句の中で一番艶があり頂きました。
 TGSさんのあじさいは季重なりの句でしたが、リズム感が良く平松愛理さんの歌を思い出し、私一人でしたが、頂きました。もっと若い人の句と思ってたのに作者を知ってびっくり!
 NYNさんの蛍は亡くなった人が帰って来たと思わせる句で先生も採っておられた。

 番外は今日の日本海俳壇に入選した句。

      並木道 縫っては返す 夏燕

 

 雨上がりの家の近くの並木道を燕がドリフト走行の様に木々を縫うように飛んではターンを繰り返してる様子を詠んでみました。今年は何時もより燕が多い気がしますが、皆様の所では如何ですか?

7月の庭の花2014/07/05

 梅雨真っ最中。紫陽花はピークを過ぎたが、庭の花は同じ紫の色でで彩られてます。


 外から見て手前よりリアトリス。我が家の草花の中では一番の古手です。


 そして、アガパンサス。存在感のある花の大きさもさることながら、容の良い常緑の葉も気に入ってます。


 芝生の中に見える赤紫は捩り花。小さな花なのに蜜が良いのか、大きな熊蜂が触り付いて、押し倒し一輪づつ丁寧に吸蜜しています。

蛍袋2014/07/08

 今朝の日本海俳壇に入選した句です。

      付文を忍ばす蛍袋かな

 今回の入選で日本海俳壇の入選は通算50句目となりました。毎週入選している方なら一年余りで達する数ですが、私の場合、投句し始めて3年半かかりました。
 
 蛍袋の時期は終わったはずなのに、今朝庭に出てみると入選を祝うかのように一輪花をつけていました。

蛍袋


7月の庭の花Ⅱ2014/07/12

 7月の台風としては史上最強と言われた8号は沖縄や遠く離れた山形県などに大きな被害をもたらしましたが、山陰地方には何事も無く通り過ぎたようです。梅雨の花もほぼ終わりが近づきましたが、今年はゼフィランサスのサフランモドキが良く咲き、ほぼ一ヶ月楽しませて頂きました。


 しかし、美人さんなのに何故か虫が寄り付きません。あ失礼、バッタの赤ちゃんが居ました。


 熊ん蜂はすぐ傍の捩り花に抱き付いたまま離れません。

      捩花に 抱き付き接吻 熊ん蜂

です。羽を休めると蜂の重さで捩花が倒れてしまいますので、ホバーリングしたまま抱き付いてます。


 おやまぁ、ヒョウモンチョウも捩花の方がお好きの様で。こちらはゆっくりと羽を動かして体を浮かせてます。




伯耆古代の丘公園2014/07/17

 米子市淀江町にある伯耆古代の丘公園に蓮の花を見に出かけました。

伯耆古代の丘公園

 前回は梅雨明け後に出かけ、炎天下で参ったので梅雨明け前の曇りの日を選びました。


 ここの蓮池には40種の蓮が植えてあり、花季がそれぞれ異なり6月中旬より9月上旬まで次々と咲いていきます。今が盛りなのは白の大名蓮。名の由来は鳥取藩主池田光政公が岡山に国替えになった際、本種を持ち込んだ事から。


 鮮やかな八重咲きの赤は錦蘂蓮(キンズイレン)。ちょうど咲き始めの時期を迎えた所です。


 ピンク色なのは名光連。約40年前に掛け合わせによって作られた品種だそうです。


 花の先が紅色で基が白い浄台蓮(ジョウダイレン)。


 蓮の花を見終えたので帰ろうとしたのですが、それでもと思い園内を散策したところ、思いもかけぬ花に出合いました。


 ホテイアオイに花が咲いてました。実家の庭の池に金魚を飼ってた頃、ホテイアオイを植えてましたが、花は見た事がなく、花が咲くとは初めて知りました。受付の人に聞いたら、一日花だそうです。