欅句会 2014.042014/04/01

 
 今月の欅句会は安来清水寺で吟行です。句会の会場は精進料理の老舗旅館紅葉館。昼食の精進料理は葛で作ったイカ刺しの様なお造り、豆腐で作った鰻の様な蒲焼、何れも美味しく久し振りに御飯のお替りをしました。あっ、写真を撮るのを忘れてた。


 座敷からの景色は抜群、谷を隔てて三重塔が望めます。

安来清水寺

     花の句座 谷を隔てて 三重の塔

 清水寺の三重塔は此処のシンボルで桜と合わせて詠まれた句が多く投句された。私の句は1点しか入らなかったが、UFOさんとOTAさんの句は本日の特選3句に選ばれた。


今朝の新聞では清水寺の桜はまだ蕾とあったが、意外と咲いていて三重塔は桜の雲に乗っている様です。二句目は


     三重の塔 桜の雲に 浮かびけり

 2点頂きましたが、ほぼ同じ様に詠んだOTAさんの特選句に完敗です。


 5句投句の最後の一句が出来ず、晴天の桜の下での吟行を


     青空に 桜の下の 句会かな

と淡々と詠んだので、一般撰にも先生の撰にも入らず、それが当り前と思ってたら、最後に特選3句の一句に選ばれました。まったく想定外!花の下の句会は他にもGuriさんやSKMさんも良い句を詠んでおられた。
 本日最も点の入った句はSNI さんの今朝目覚めた時の気持ち詠んだ句と先生の落椿の句。
 笑いを最も誘ったのはGuri さんの自分の星占いを本堂の前で見た時の句。読上げられる度に笑いが漏れた。
 私が頂いた句で先生が採らなかったのは2句。そのうちの一句はDTTさんの靖国。気象庁の開花宣言を端的に表していると思いました。
 


米子城の桜2014/04/03

 米子も桜が満開となり、米子城に花見に出かけました。残雪の名峰大山も望める絶好のロケーションです。

米子城の桜

 しかし、石垣を保護するため桜を含め周辺の樹木は撤去される予定です。


 従って、米子城の本丸で桜を楽しめるのも今年が最後となりそうです。


 染井吉野の寿命は40年。ここの桜も植えてからその位。遠からずその日は来るのだが、この景色が見られなくなると思うと残念です。


 城山の隣の飯山は麓から頂上まで桜並木が続いてます。ただ途中は高木が多く近くから見るとがっかりします。


 湊山の中海展望台にある桜は私のお気に入り。米子の旧市内の中では最も大きいのではないでしょうか。


 湊山公園の日本庭園の桜は、いわゆる錦公園の中では一番と思われるが、何故かこの下で酒宴をする人は居ない。


 旧加茂川の土橋の袂にある桜。市街地に在ってこれだけ大きい桜は米子では他に無いのではなかろうか。


 これらの写真を含め下記のページでデジブックのスライドショーにしてみましたご覧ください。

花と大山2014/04/08

 平地の桜がピークを過ぎたので大山山麓のお花見スポットを巡って来ました。
 最初は大山町豊房の桜並木。ここは大山の北壁の残雪とのコラボが素晴らしいのですが、今日は霞んでいて大山が見えるよう露出を合わせると桜の色が冴えません。


 桜並木の向うに見える山は甲ヶ山と矢筈ヶ山。何れも中国百名山。

花と大山

 反対側から見ると空気が澄んでいれば青い日本海が桜の向こうに見えるのですが、今日は駄目ですね。


 伯耆町藍野公民館隣の公園からは伯耆富士と桜のコラボ。訪れた時はここで、結婚式の前撮りをしてました。


 大山道路沿いの別荘地の入口の桜並木は今がピーク。


 レストランぼすけ の前の桜並木は今にも散りそう。風が吹く度に花弁が舞ってきました。


紅枝垂れ2014/04/11

 湊山公園の桜はかなり散って来ました。木の根元には苔の緑に桜の花弁が淡雪の様に薄らと積もっています。


 代わりに紅枝垂れが満開を迎えようとしています。

紅枝垂れ

 青空に映える姿もその色のせいかソメイヨシノよりも更に女性的な気がします。


 近くに寄ってズームアップしてみました。


 城山の周遊道路沿いも春の野花が見え始めました。ムラサキケマンに


 白い花は判定が難しいですが、オオバタツケバナでしょうか?




孝霊山2014/04/15

 今年の登山初めに選んだ山は中国百名山の孝霊山(751.4m)

孝霊山

過去は登山シーズンの閉めの12月に登っていたので花の無い山の様な気がしてましたが、意外と豊富でした。


 山桜も結構ありましたし、黄色い小さな花が咲いていたのは黒文字。


 馬酔木の大木に出会ってびっくり。


 前回登った時は頂上から米子方面の見晴しは樹木が茂っていて見えなかったのですが、伐採されて見通が良くなってました。登り始めは島根半島もバッチリ見えてたのですが、頂上に着いた頃には霞んでしまいました。


 頂上から見た大山の眺め。青空をバックに残雪の大山を撮るつもりでしたが、春は思うように撮れない。


 今朝の日本海俳壇に吉備の古代遺跡巡りに行った時、詠んだ句が載りました。

       菜の花や 吉備路の空に 五重塔