馴染のスナックの閉店2013/10/26

 馴染のスナックが今夜で店を閉じる。5年前の10月の第一金曜日に高校の同期生で蕎麦打ちを趣味にしている奴が、自分の打った蕎麦を食べさせてやると言ったので、集ったのが事の始まり。以来、毎月第一金曜日に高校の同期生が約十人前後集って、呑んで喋り最後に蕎麦を頂いてお開きにするのが定例となった。
 この店を選んだのは厨房の広さだ。家庭の台所並みの広さがある。それ故、蕎麦を茹でるための特大のガスコンロを持ち込む事が出来た。そして、カウンターは客同士が対面で喋れる構造となっていて、会話する相手が両隣に限られる事はなかった。
 昨日、今日は他のお客さんが別れに来るであろうから、我々は一昨日、集ることにした。あいにく台風27号の影響で大雨警報が発令されたため、5人しか集まる事が出来なかったが、ママを囲んでお喋りし、最後に友達の打った新蕎麦を腹一杯頂いて、お開きとした。

     友の打つ 新蕎麦啜る 禿白髪