欅句会 2013.102013/10/01

 10月の兼題は柿と秋風。私の出した句は一般撰では誰も採らず。先生ならどちらかを採ってくれるはずと期待してたら柿の方を採って頂いた。

     空澄みて 大山古道 柿たわわ



 柿がたわわに実るのは1ヶ月以上先の話なので、晩秋に大山古道を歩いた時の光景を思い出して作りました。

 私が頂いた柿の句はHDYさんの句で、お母さんの置手紙と柿の組み合わせが上手く纏められていた。秋風はたぁさんとMTNさんの句。たぁさんの句は私しか頂かなかったが、乾燥した秋風がジメジメした噂を吹き飛ばす、あっけら感が良い。MTNさんの句は芸術の秋を一人楽しむ雰囲気が良い。

 自由題は先生の句が天声人語に載ったのを祝って

     敬老日 天声人語に 師匠の句

 中八なのが気になったが、先生を含め二名の方に採って頂いた。まあ先生は採らざる負えないだろうな。

     名月や フェイスブックに 月溢る

 中秋の名月の夜、フェイスブックを開くと友達や友達の友達が写した月の写真で溢れてた。何故か、フェイスブックに加わっていない人に採って頂いた。

 9月の季語に秋水というのがある。昨年、むべと言う季語を使って、句会の人の事を詠んだので、今年は

     秋水に 煩悩忘る 地獄谷


 鍵掛峠から鳥越峠をを通って振子沢に下りると、そこは人工構造物のまったく見えない隔絶された世界である。清らかな秋の水が巨石を伝わって下流の地獄谷へと流れて行く。此処離れたくないという気持ちを残して、俗世へと戻りました。その気持ちが通じたのか、先生を含め二名の方に採って頂いた。

 私が頂いた自由題の句はまずKDIさんの句で、今朝の秋と柿の秋の何れを採るか迷ったが、柿の秋は季重なりと思い、今朝の秋の方を頂いた。しかし、柿の秋の方は先生を含め6点の高得点。ん~
 月の句はたぁさんの今日の月とKDHさんの望の月の何れを採るか迷って、望の月の方を頂いた。何故かと問われれば、作者との年の近さかな。しかし、今日の月の方は先生の特選を含め6点の高得点。ん~
 NKMさんの萩の庭はNKMさんの庭の雰囲気を醸し出していて、私と先生が頂いた。
 DTTさんの水引の句は石庭との取合せが良く頂いたが、私なら水引やと一呼吸置いたのになと思った。

 頂かなかったが、UFOさんの墓碑銘の句とGuriさんの阪神の連敗の句は昨夜の同期生の通夜を思い出される。頂かなかったのは、墓碑銘を何度も読み返したのですが、通夜が室内だったので季語が合わなかったのと、片方は季語が無かった事。季語が私の気持ちに合えばなぁと思った。