小待宵草2013/06/01

 春先に西側の花壇を10cmばかり拡げたままにして置いたら、少し大きめの雑草が生えて来て最近黄色い花を咲かせた。


 何の花だろうと最近ネットで山野草の検索に愛用している「四季の山野草」で調べてみる事にした。
 判っている事を入力する。花弁の数は4枚。つる性ではない。花の色は黄色。季節は夏。草の5項目を入力して検索。すると該当する花の写真が43枚表示された。それを一枚づつ見比べて行く。コマツヨイグサが最も近い。その写真をクイックすると、更に何枚かの写真と説明が現れ、それを見て小待宵草(別名:月見草)と確信した。
 

欅句会 2013.062013/06/04

 まず、今朝の日本海俳壇に入選した句。

     制服の 一団眩し 更衣

 最近はそうでもなくなったが、過っては6月1日に女子高生が一斉に白い夏服に着替えてた。通勤通学の途上、彼女達の
集団に出合うと、その白さが際立って見えた気がする。この句は今日の欅句会に出す予定だったので、急遽入れ替えだ。
 入れ替えて出句した後、来月の兼題が「虹」と「麦酒(ビール)」と発表された。しまったと思った。と言うのは入れ替えた句が

     地ビールで 妻と乾杯 アニバーサリー

である。この句は来月に回す積もりでいたのに。誰も採らなかったらそれこそ悲劇だが、一般撰で1点頂けた。

 で、今日の兼題は「母の日」と「若葉」 母の日はやはり母のもん。私の句では勝負にならなかった。
 私が候補にいれたのは、IOTさんとHDYさんともう一人の句でしたが、頂いたのはHDYの心の乱れを詠んだ句で、先生も採られた。

 若葉の私の出した句は

     陰陽の 峠で変わる 若葉色

 山陰の若葉の色と山陽の若葉の色は異なる。その変化が判るのはトンネルを通らないで峠を山陽側から越す時だ。その事が判るのはYDSさんくらいだろうと思ってたが、他に2人の方に採って頂いた。YDSさんは何処の峠を詠んだ句かと選評で聴いてきたので、道後山の帰りに通った国道183号線の鍵掛(かっかけ)峠だと答えた。
 若葉で私が候補に入れたのはIOTさんとFNMさんとTSTさんの句ですが、助詞の使い方が今一つと思ったけれど、FNMさんの句を頂きました。外した句は両方とも先生の撰に入り、その一つは今日の最高点を獲得。

 自由題で頂いたのは

     御手植への 松を濡らして 梅雨に入る

 両陛下をお迎えして行われた植樹祭の明くる日が梅雨入りとなった事を詠んだ句で、一般撰で3点頂いた。そして、二人より選評を頂けた。
 私が自由題で頂いた五句の内二句は、たぁさんの句。卯の花腐しの句は8と9の17文字と解釈したのだが、先生は句跨りで五七五の定型になっていると言われた。うむー、勉強不足!

花回廊 バラ祭2013/06/06

 去年より、約一週間遅れて、とっとり花回廊のバラ祭に行って来ました。


 やはり、盛りは過ぎてました。その中で私が厳選したトップ5を御披露いたします。

                              ザ・ハーバリスト
ザ・ハーバリスト

                                                 プリンセスドゥモナコ

                              バーバラブッシュ

             フリージア

                             ジェーンオースチン

                       最後は花回廊の敷地内に自生している笹百合。葉っぱの色と形が笹そのものです。


2013/06/10

 3年ぶりに南部町の金田川に蛍を見に行った。駐車場から蛍の居る所まで地元の人の手作りの行灯が導いてくれます。


 蛍見物は行けば見れるものではない。時期と気温と風の三つを考えて行かねばならない。本当は今週の中頃を予定してたのだが、明日から台風の影響で雨のため今日にした。


 月曜日でしたが、結構見物客が来ていました。周囲の民家は蛍のために自主的に灯火管制しているため、カメラやスマホの画面の明る過ぎて、眩しいくらいです。その内禁止になるかも。

蛍

新緑2013/06/11

 今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

     新緑に 青空透ける 横手道

新緑