紫の花2013/05/16

 この時期、庭の一角は紫の花が咲き誇っている。


 右の奥には赤紫の紫蘭。かなり繁殖してきたのだが、近年、茶色に枯れる病気が付いて困ってます。


 手前には撫子。撫子は俳句では秋の季語ですが、野山に自生するカワラナデシコを指すようです。ですから、この撫子は俳句で詠む訳にはいきません。


 そして、左側にはジャーマンアイリス。白と紫のツートンカラーが気に入ってます。

ジャーマンアイリス

 半月前には、この場所を十二単の紫が占領していたのに、何時の間にやら入れ替わってました。