伊奈かっぺいさんと笑って考古学2013/05/03

 昨夜、「伊奈かっぺいさんと笑って考古学」と言うトークショーに出かけた。


 開演は18時30分からでしたが、開場の18時より永六輔さんが開演までの待ち時間、前座でずーと喋りっぱなし。


 開演の18時30分からは、伊奈かっぺいさんが登場し津軽弁で三内丸山遺跡について自説を述べ


 それに対し、山陰放送のパーソナリティ中岡みずえさんが山口百恵の「プレイバック パートⅡ」を出雲弁の訳詞で歌って登場。そして、出雲弁と津軽弁のトークバトル。更に、NPO出雲学研究所所長の藤岡大拙さんが出雲弁について説明。


 最後は関西外国語大学考古学教授の佐古和枝さんが三内丸山遺跡と妻木晩田遺跡の違いを説明。それに対し、永六輔さんが東京弁で突込み(質問)
 開場から2時間余り笑いっぱなしのトークショウでした。このメンバーで前売り、券千円は安かった^ ^