白の饗宴2012/05/01

 風薫る五月となりました。我家の庭も色とりどりの花が咲いて、一年で一番華やぐ季節ですが、一角に白い花が競ってます。意識して植えた訳ではありませんが。

白の饗宴

 上から白の花水木。我家の庭木では2番目に古く、高さも2番目。


 その下に、高さ2~30cmのイキシア。白というより少し黄いみを帯びてます。


 そして、グランドカバーにしようと思って育てているセラスチウム。カタカナの名前はなかなか覚えられません。




白の饗宴Ⅱ2012/05/04

 白い花は他には隣家との境界にイキシアとスズランが咲いてます。


 今年はスズランの花付きが良いです。

スズラン

 その代わりに、スズランの花に似たドウダンツツジの花はさっぱりでした。下の写真はサラサドウダンの花。サラサドウダンは我家の環境に合わないのか何本も枯らしてしまいました。1本だけ辛うじて生き残ってます。


大山の木の花2012/05/05

 恒例の大山元谷ハイキングをしました。晴天なのに元谷だけに雲が有り、景色はさっぱり。しかし、行き帰りの道中は若葉と小鳥の囀りを楽しむ事が出来ました。
 野草の花は特に珍しいものは無かったので、木の花を中心に写して見ました。まず、ハウチワカエデ。紅色の花が若葉の淡緑に映えます。

楓の花

 クロモジの花は黄緑の小さな花ですが、背景のブナの若葉と相まって、何とも言えぬ色合いです。

クロモジの花

 小さな桜の花を見付けました。キンキマメザクラでしょうか?ブナの若葉を背景に逆光で透けてる様が素敵です。


 元谷が近くなった頃、タムシバが咲いてました。小さな花の後では、やけに大きく見えます。

タムシバ

 花ではないですが、帰りに珍しいものを見付けました。ブナの葉に小さな桃の実の様な物が付いてます。

ブナハアカゲタマフシ

 帰り際に大山自然歴史館に立寄って、館長さんに何かと尋ねてみました。ブナハアカゲタマフシという。虫によって葉にコブが出来たものだそうです。それにしては、かわいくてきれい!


大山吟行2012/05/08

 五月の欅句会は大山吟行です。会場の宿坊山楽荘には15人が参加。欠席投句は6人。


 山楽荘より野花や鳥の囀りを聞きながら金門まで散策。金門からは新緑の先に残雪の残る北壁が望めます。これを如何詠むか。

     山笑う 岩峰蒼く 沢白し

 としたが、これを上手く表現した句が他に2句あった。参った!思わず、2句とも採ってしまいました。


 金門に咲いているダイセンミツバツツジを北壁を背景にアップしてみた。


 写真では遠くて写せなかったが、雪渓の上に満開の山桜が見えた。雪渓を登って行って、雪渓で冷やしたビールを飲みながらその桜を見たら最高だろうなと思いながら

     雪渓を 登りし先に 余花があり

 季重りが気になったが、先生を含め2点頂いた。

 散策で見た花は何故か白い花が多かった。山荷葉を初め一輪草、クルマバソウ、山葵等々。

     様々の 白に出会いし 春の山

 シーン (-_-;


 シャガが咲いていた。背景に何が似合うか。大山をイメージ出来る物が良い。色々取り合わせを考えて

     僧兵の 墓を囲みし 著我の花

 シャガと僧兵の墓の取り合わせが良かったのか先生を含め4点頂いた。

箸我の花

 後一句はどうしようもない駄作のため、発表を控えさせて下さい m(_ _)m

 代わりに、散策で初めて見た野花を二つ。一寸ピンボケですが、シソ科のキンランソウ。


 そして、葉っぱの中に花が咲く、花筏(ハナイカダ)。同じ名前ですが、桜の花筏とは違います。



シラー・ペルビアナ2012/05/10

 シラー・ペルビアナ (大蔓穂)が咲きました。移植して3~4年花が付かなかったのですが、ようやく咲きました。


     4日前はまだ、蕾でした。

                           2日前から次々咲き始め
シラー・ペルビアナ

                                                ほぼ、満開となりました。

                          最大限近付いてズームアップ