十月2011/10/02

 十月に入ったと思ったら、ぐっと涼しくなりました。
 庭から良い香りが。キンモクセイです。植えて10年以上、ちっとも成長しませんが、花はいっぱい付けてくれました。

金木犀

 生垣の影にはシュウメイギクが咲き始めました。暫く、清楚な花を楽しましてくれます。

シュウメイギク

 昨日は、むきばんだやよい塾でシンポジュウム「邪馬台国と女王卑弥呼」を聴きに。
 今日は、米子俳句大会に参加。明後日は欅句会。文化の秋に浸ってます。

10月の欅句会2011/10/04


 今月の兼題は衣被と鰯雲、そして自由題3句の計5句。

 衣被(きぬかつぎ)は今まで食べた事もなければ、見た事もない。ましてや、着た事も。やけくそと受け狙いで

     明日句会 誰か食べさせて 衣被

 笑いは取れても選句はしてもらえないと思っていたが、一般撰で2点いただいた。

 昨年、秋の雲の下に隠岐の島が見えた。もし、地蔵碕の灯台に立って居れば、こういう景色が見えるだろうなと思って

     鰯雲 右に大山 左隠岐

隠岐遠望

 鰯雲が適しているか自信なかったが、先生を含め2点いただいた。

 一年前、新・花の百名山の道後山に登った時、穏やかな花野の中に遭難碑があるのを見た。先月の欅句会で先生の花野の句が最高点だったが、その句が9月26日の朝日俳壇の稲畑汀子選でトップ入選した。それに刺激されて一句。

     天空の 花野にぽつり 遭難碑

遭難碑

 今日の5句のうち一番自信があったが、一般撰で1点のみ。大体、こうしたものです。

 中秋の名月の日、夕焼けが綺麗だった。もし、この時、大山に雲がかかってなければ、こんな光景だっただろうなと思いながら

     夕染めの 岳(やま)より出でし 今日の月

今日の夕日

 先生を含め2点。

 船通山に登って北を見たら、島根半島の全景、その先に隠岐の島。更にその先が在りそうな・・・
 東を見れば大山、西には三瓶山。この景色が国引きの神話を作り出したのだと感じました。

     天高く 古事記一望 船通山

中海&美保湾


 先生を含め3点。やはり、自分で感動した景色を句にするが一番と言う事か。

 番外ですが、私の句が今朝の日本海新聞に掲載されていたので、紹介します。

     九十を 古希がもてなす 敬老日

 昔、70才の母が祖母の卆寿の祝をすると聞いた時、古希の祝も一緒にしたらと言ったら、「まだ、そんな歳ではない」と言われたのを思い出して、作った句です。


花水木 紅葉2011/10/06

 紅葉の秋。まず、庭から始まりました。


 我家では赤の花水木と


 白の花水木。青空と芝生の緑に映えて春の花とは異なる趣となりました。ただ、これから毎日落葉の掃除に追われます。

花水木紅葉

 花水木の葉がなくなった頃、街路樹の欅が色づきます。大山の紅葉はその後となります。


鏡ヶ成2011/10/09

 高原の秋の草花が良い頃だと思い、家内を誘って鏡ヶ成に行った。
 駐車場より擬宝珠山の方を見ると芒が見事。まさに銀芒です。


 足元には松虫草が咲き乱れてます。


 松虫草に誘われて、蝶もいっぱい。秋の蝶は一つの花に永く止っているので撮りやすい。この蝶はヒメアカタテハ。


 アザミにやって来たのはウラギンヒョウモンかなぁ?


 湿原ではサワフタギが青い実を付けてました。


 日の光を浴びて、サファイアの様に輝いてます。


 サワフタギが湿原のサファイアなら、ナナカマドは高原のルビーですね。

ナナカマド


上蒜山2011/10/10

 今朝の気分を一句。

     久し振り 十月十日の 体育の日

 元々の体育の日は晴れの特異日である10月10日を東京オリンピックの開催日にした記念の日でした。何時の間にか十月の第2月曜日に変更され、十月十日が体育の日になるのは6年に一度。
 昔は、体育祭は十月初旬の日曜日だったのに、最近は熱中症の危険もある9月の初旬から秋の長雨で延期になる可能性の高い季節に行う。何か変?

 そんな事を思いながら、友人と上蒜山へと向いました。

上蒜山

 天気が続いていたので、霞んでいましたが、八合目からは雄大な大山の峰峰を望む事ができました。


 今年になって初めて出合った花は、センブリ。


 ヤマラッキョウ


 とリンドウは尾根道の至る所で咲いてました。


 これは、ヤブマメと思いますが、植物愛好家の方、如何。4時間後、植物愛好家さんの御指摘によりママコナと判明。


 その他の写真はデジブックにして、下記のページで公開してます。ただし、11月10日までの期間限定です。
http://www.digibook.net/d/0084a737919eac953788f491687575ef/?viewerMode=fullWindow

追記:登山中擦れ違った人の話です。
 30過ぎの娘に良い縁談を願うため、信州より出雲大社に参拝に行ったそうだ。そのついでに、昨日三瓶山、今日蒜山、明日は大山、そして明後日は氷ノ山に登ると言う。信州の山から見れば山陰の山は岡かもしれないが、体力と気力に感服。