最古神社建築 神魂神社2011/07/06

 昨日の続き。
 美保神社に向う前に、是非見せたいと立寄ったのが、神魂神社。
 パワースポットととして名を上げている八重垣神社の近くですが、ひっそりとしてます。

 駐車場より100m程バックした所に一の鳥居があります。並行する舗装道路が興醒めです。


 駐車場のすぐ脇にあるのは、二の鳥居。ここから、深い鎮守の森に入って行く雰囲気が良いです。


 最後に急な石段を登ると



 いきなり拝殿。ここで、一瞬期待外れと思わせます。
 

 拝殿から社務所に向おうとすると、本殿が姿を現します。出雲大社を思わせる巨大な本殿が。出雲大社の本殿は塀に囲まれてよく見えませんが、ここでは、巨大な柱を真近に見ることが出来、圧倒されます。約650年前に建てられた日本最古の神社建築で国宝に指定されてます。
 出雲大社が現在の地に移転する前は、ここが出雲大社だったそうです。

国宝 神魂神社

 写真ではなかなか大きさが判りませんが、本殿を囲っている塀の高さが約2mですので、それから推定して下さい。