大山と菜の花2011/04/04

 先週の金曜日、定例の飲み会で伯耆町の病院に勤務している友達に菜の花の咲き具合を聞いたら見頃と言う。
 昨日より寒気が入り、空気が澄んできた。絶好の写真日和と確信し、大山と菜の花を狙って出かけた。


 思ってた通り、4月にしては珍しく大山がはっきり見え、残雪も充分である。

大山と菜の花

 毎年、大山と菜の花を撮っているが、今迄で一番綺麗な写真が撮れて満足 ^ ^


4月の欅句会2011/04/05

 今回から、2期生が加わって、欅句会は14人の句会となった。(全員出席すれば19人)
 欠席者の投句もあり、70句の中から5句選ぶので、自分の句が選ばれる確立は当然低くなる。
 今月の兼題は朧と草餅。

 春の月夜に呑みに行く気分を表すに、朧の季語以外は平仮名が似合うかなと思い

     さかばへと いざないたまう 朧月

 草餅は「どんぐり村」のベンチに座り、大山を望みながら、豆茶と共に頂く。
 草餅を口に持って来る時、一瞬こういう景色となる。

     草餅に 大山載せて 道の駅

 11日の午後3時に何気なく点けたテレビの画像は目を疑う光景であった。
 それ以降、頭に浮ぶのは、映像で見る悲惨な状況ばかり。
 映像で見た光景を俳句にするのは憚られるが、それしか浮ばず、誰も採らない事を承知で、残りの3句を作った。

     陸奥の 春を引裂く 大津波

 1週間後、瓦礫の中から中学生とお婆さんが救出されたニュースは暗いニュースの中でほっとさせられた。

     救出の 肩に掛かりし 春の雪

 4月に入り、徐々に瓦礫の撤去が始まった。その後に、おそらく雑草は不死鳥のごとく生えて来ることでしょう。
 タンポポのたくましい生命力と黄色を復興のシンボルの見立てて

     片付し 瓦礫の下に 鼓草

 選評で皆さん震災を句にして良いか否か迷われた事を話された。
 そのためか、以外にも一般撰で草餅以外は全て1人か2人ではあるが、採ってくれた。
 自分でも草餅が一番出来が悪いと思っていたので、仕方が無いと思っていたところ、先生の撰に草餅と鼓草が入った。
 選評で面白い表現と言われた。俳句を見慣れた人には、在り来たりな表現では駄目と言う事か。
 
 

 


4月の庭の花2011/04/07

 4月に入り、我家の庭にも花が咲き始めました。
 まず、水仙が咲いて盛りが過ぎると、入れ替わる様に、黄水仙。


 そして、雪柳。


 その根元に、雑草が花弁一枚1mm程度の小さな花を咲かせてます。


 野生種の勿忘草のようです。余りにも小さいので、初めて接写モードで1cm程度の距離から撮ってみました。

勿忘草

 午後、桜の偵察に湊山公園までウォーキングして見ました。まだ、3分咲きといったところでしょうか。



米子の桜2011/04/10

 日曜日を待っていたかの様に米子市内の桜が見頃になりました。
 統一地方選挙の投票もそこそこにして、市内の桜を巡って来ました。

 最初は加茂川沿いの彫刻ロード

米子の桜


 旧加茂川の土橋


 ふえあいの里の庭に移植された旧西高前の桜並木の桜


 旧加茂川沿いの桜の下では、米子城の外濠のシンポジュウム。


 湊山公園では新入社員の歓迎会があちこちで開かれてました。


 写真を撮ってたら、金髪にホットパンツのギャルママが1~2才の子供に「こたろう」と呼んでいたのが、アンバランスで可笑しかったです。

法勝寺川の桜2011/04/12

 例年の如く、法勝寺に桜を見に行った。


 ここは、宴会をする場所が余り無いため、静かに花見が楽しめる。


 散策していると、川のせせらぎが聞こえてくる。その音によって、ますます癒される。


 左岸を上って行き、右岸を下る散策ができる。


 土手を降りて、川側から見上げる事が出来る場所がありました。

法勝寺川の桜

 花を写真に撮るには薄曇が最適ですが、梅と桜は晴天でないとだめですね。