謹賀新年2011/01/01


 新年明けましておめでとうございます。
 米子市は年明け早々47年振りに新記録達成です。
 何が?積雪89cmです。前回は昭和38年の三八豪雪の80cmと記憶してます。

 ベランダが手摺の高さまで雪で埋まってます。

積雪89cmの朝

 昨夜10時に雪掻きしたのに、玄関から門扉まで行けません。


 庭の雪は1階の床の高さまで積もってます。


 我家は大丈夫でしたが、送電線が倒壊し、現在25,000世帯が停電中です。エアコンも石油ファンヒーター使えない元旦を迎えた人はお気の毒です。こう云う事があるから、オール電化は考え物です。


 これから、雪掻きして何とか車が出れるようにしなくては!

2週間振りの晴れ間2011/01/07

 クリスマス寒波から、新沼謙治の歌でないけれど、雪、雪、又、雪の日々が続いて、ようやく晴れ間が覗きました。
 明日は1日晴天の予報。溜まりに溜まった洗濯物をやらなくては。

2週間ぶりの晴れ間

 毎月第一金曜日は高校の同期生が10数人集って、同期生が畑で作った蕎麦を、同期生が打った蕎麦を食べながら、飲む会を催しているのだが、今日の話題は体験した雪害一色。
 一人は9号線に閉じ込められた千台の一台になった人。一人はオール電化住宅で停電で凍えた人。また、一人はカーポートが雪の重みで潰れた人などなど。
 我家は幸い被害は、紅白の中休みのニュースで、米子の積雪67cmと聞き、カーポートが潰れるかもしれないと思い、それから1時間かけて雪掻きし、車2台を外に出したため、小林幸子が見られなかった事くらいかな。

1月の欅句会2011/01/11

 今月の兼題は正月と雪。
 何時もは兼題をもらった最初の1週間で2句は作ってしまうのだが、12月の初旬では正月気分でもないし、雪も降ってから作ればいいやと思っていたのが、間違いでした。大晦日から三ヶ日まで、雪の句ばかりとなってしまいました。
 大晦日からの雪は正にどか雪。全てを埋め尽くす勢いでした。

     煩悩も 埋めてくれるか 除夜の雪
 
  皆さんの共感を得て、先生を含め、4人に取って頂いた。
 
除夜の雪

 元日は、やはり年に一度の行事です。

     元旦や 年に一度の 器出す

  誰も取ってくれないかなと思っていたら、最後に先生が取ってくれた。

 米子の積雪深新記録の89cmは米子城築城の際、植えられたという松も耐えられませんでした。

     記録雪 歴史の松を 折にけり

  一般撰では一人だけであったが、先生の今日の特選3句の一つに選ばれた。


 正月は近所の人と年始を交わす事も無いのですが、今年の正月は何時もと違ってました。

     雪掻きの 手を休めては 年始言い

  皆さん、同じ経験をされたのか、3人に取って頂いた。

 豪雪で年賀状を受け取ったのは三日の夕刻でした。

     豪雪や 三日送れて 年賀状

  同じ様に年賀状を遅れて受け取った人の共感を得て、1点獲得。

 今日の句会は、皆さんも私と同じで、雪害の句のオンパレードであった。

寒波再来2011/01/16

 年末以上の寒波到来です。米子の最低気温は氷点下4.1℃。我家の温度計も昨夜午後11時に氷点下3.3℃でした。
 室温は設定どおり19℃ですが、何時もより寒く感じます。

氷点下3.3℃

 朝起きて、恐る恐る屋外を見ると、それほど積もってません。積雪27cmです。


 早速、雪掻きですが、粉雪で軽いので、掃くように除雪できました。


 

薩摩焼酎「島美人」2011/01/21

 2ヶ月前に頂いた焼酎の封を切った。薩摩焼酎「島美人」で初めて呑む銘柄だ。
 島美人と言う名からして、薩南諸島の何処かの島の酒かと思っていたら、天草に近い言うなれば薩北の長島の酒であった。ネットで調べてみると同じ酒造会社より、島の方言でありがとうを表す「だんだん」と言う名の焼酎も出しいるという。
 「だんだん」は米子など出雲周辺の方言となっているが、「坂の上の雲」で放映されている様に、かっては愛媛県でも使われていた。薩摩でも使われていたと聞くと急に親近感が湧いてくる。
 島根県立女子短大名誉教授の藤岡大拙先生によると、「ありがとう」「おおきに」「だんだん」は昔、京都の花街で客人への挨拶として「おおきに、だんだん、ありがとう」と言ってたのが、各地に伝わって、それぞれに省略されて使われる様になったという。

薩摩焼酎「島美人」

 さて、お味は?芋焼酎独特の香りと甘味。癖は有るけど、それは個性。お湯割り、ロック、水割りと試したが、お湯割りが合うね。呑んでいて、以前頂いた「南之方」を思い出しました。
 今宵は、楽しみながら米子では見かけない焼酎をプレゼントしてくれた人に、改めて感謝、感謝 m(_ _)m