鎌倉山2010/12/05

 師走の小春日和。今年最後?の山歩きに出かけた。向ったのは南部町の鎌倉山。何故この山かと言うと

  1.中国百名山である事。
  2.米子城跡から望めること。
  3.中世の城跡と言われていること。

 09:50 我家出発
 10:30 登山口駐車場出発

 日曜日とあってか、意外と登山客が多かったのでびっくり。これなら熊避けのの鈴は不要。

こもれび広場

 最初は薄暗い杉林の中を登って行くが、標高500m付近は赤松となり、木漏れ日の中を落葉をサクサクと踏みしめる気持ちの良い山歩きである。この時期は蝮もスズメバチも出会う心配は無い。

  サクサクと 落葉踏みしめ 山歩き


 標高600m付近に鎌倉山城跡の看板が立っている。NHK文化センター米子教室の国田俊雄先生は存在を疑っておられる。楠木正成の千早城の様に大軍に攻められれば必要であろうが、その史実はない。


 鎌倉山城跡からは落葉の山道の急登となる。落葉が滑って登りづらい。


 11:20 鎌倉山山頂到着。展望は北東から北西にかけてだけであったが、意外と良い。今日は先日の黄砂の名残なのか霞んでいたが、大山から日本海、島根半島、弓ヶ浜、中海が一望である。視界の良い日であったら絶景だったであろう。

鎌倉山より

 12:00 鎌倉山山頂出発
 12:40 登山口駐車場に下山
 13:20 帰宅

12月の欅句会2010/12/07

 今月の兼題は神の留守と元旦に関する事、そして自由句3句である。

 11月は出雲で神様の会合があるため、全国的には神様が留守となるのだが、ここ伯耆の国も留守になるのだろうか?
 毎月、大山の大神山神社にお参りしているのだが、11月は大山寺の阿弥陀堂にお参りした。

   神の留守 阿弥陀如来に 深々と

 選評で神様が居なければ仏さんか。浮気者目がと言われましたが、先生を含め3点獲得。

阿弥陀如来

 12月に元旦を詠むのは、想像で詠むしかないのだが、毎年の元旦の朝を思い出して

   元朝や 妻と頂く 迎へ酒

 奥さんと二人で紅白を見ながら二日酔いになるまで呑んだのか、と言われながらも、先生含め3点獲得。


 9号線の銀杏並木を見て作ったのが

   黄金の 木の葉舞い散る 並木道


 小春日和に冠雪した大山を写しに行った時浮んだのが

   竿の先 大山映す 小春かな

 自信があったのだが、書き写す人が「竿の光」と誤記したためか、選定されず。

逆さ大山

 この時期、庭に咲いている花はツワブキだけである。そこに向って木の影が長くのびている。

   影伸びて 隅に一房 石蕗の花

 5句の中で一番自信が無かった句であったが、上手な人が選んでくれて、1点獲得。

石蕗

 皆さん腕を上げられてきたので、少々では選んで貰えなくなって来ている。5句出来て満足している様では駄目ですね。

大山再冠雪2010/12/10

 5日に鎌倉山より見た時は、大山の雪は完全に消え去っていましたが、7日からの冷え込みで、再び冠雪しました。
 積雪は大山寺で57cm。スキー場はまだオープンしてませんが、その気になれば滑れる積雪です。
 米子城跡より東側を撮り、パノラマ合成にして見ました。
 この一枚に左から、中国百名山の考霊山、船上山、甲ヶ山、矢筈ヶ山、大山、三平山、金ヶ谷山、毛無山、宝仏山の9座が入ってます。
 甲ヶ山と金ヶ谷山の2座がまだ未踏です。

湊山より大山パノラマ

 西側もパノラマ合成にして見ました。隠岐の島は残念ながら、今日は見えません。

湊山より中海パノラマ

 夕方は大山が赤く染まるのを期待したのですが、薄雲が無いためか、あまり赤くならなくて、残念。


どんぐり村2010/12/18

 1週間の御無沙汰です。
 この1週間、年賀状作りに専念してました。パソコンで年賀状を作り始めて7年、ワンパターンでしたが、NHK教育テレビの「中高年のための楽々パソコン術」のお陰で、少しはバージョンアップしたようです。
 本日、郵便局に投函し完了!その足でどんぐり村に水を汲みに行きました。


 どんぐり村には近くの本宮の泉をポンプで汲み上げて、水を汲めるようにしてあります。


 どんぐり村に水を汲みに行くのは、野菜の買い物のためでもあります。地元の人の共同経営の店ですが、何故か他府県の野菜も置いてあり、JA直売店に無いものもあり、家内に頼まれます。


手間要害山2010/12/19

 12月の貴重な晴天の日。単にウォーキングするだけではもったいない。同じ1時間歩くのなら、里山を歩くことにした。
 向ったのは南部町の手間要害山。我家から車で20分程度で行ける。

手間要害山

 要害山は戦国時代の山城で登山道沿いに、馬蹄形の廓が次々と現れる。


 山頂本丸跡は平で人工的にならされた場所であることが一目瞭然です。


 山頂から展望は北東から東にかけて望めます。大山の眺めはバッチリ!

手間要害山より

 眼下の天万から淀江方面の眺めも良いです。


 2年前に登った時は松林の綺麗な山でしたが、この夏の猛暑で松くい虫が活発に活動したのか、松が全滅でした。後数年で旧会見町から松は無くなってしまいそうです。