秋の大山吟行2010/11/02

 欅句会第3回吟行を大山寺で行なった。場所は前回と同じ大山寺宿坊の山楽荘。今回も1期生、2期生合わせての14人の句会である。出句は今回は10句。えぇー3時間で10句!?


  まず、大山寺の山門の周りを作務衣を着た女性の方が掃いておられ、

     山門の 落葉掃きたる 作務衣女(びと)

と詠んだのだが、同じ景色を 「参磴を 作務衣の娘 落葉掃く」 と詠まれた人に完全に負けている。

 すぐ傍に落葉を焚いた跡があった。落葉を焚いている場面を想像して

     山門を ベールに包む 焚き火かな

 想像句であったが、一般選で2点と選者選にも選ばれた。


 山門の傍のお地蔵さんに落葉が一枚が乗っていた。

     微笑みて 紅葉付けたる 石仏

 同様な句を詠んだ人が居たが、2点頂いた。


 大山寺橋を渡ると、紅葉の先に北壁がかすんでいた。

     雲たれて 北壁霞む 紅葉山

 が、同じ景色を詠んだ人の 「北壁の 稜線煙る 紅葉山」 に完全に負けである。


 大山寺橋より阿弥陀堂へと向ったが、冷たい風が吹き抜けていた。

     木枯らしに 耐えて千年 阿弥陀堂

 阿弥陀堂は良く見るとうっすらと紅色がかかっている。それを 「朱鷺色に 染まりし秋の 阿弥陀堂」 と詠んだ人が居て、負けたと思ったが、2点頂いた。


 阿弥陀堂から大山寺に向う径は橅の黄葉が見事で、日本庭園の趣がある。この景色を何とか句にしようと思ったのだが、思い浮かばず、数あわせで

     ブナ林 黄色に染まりし 遊歩道

としたが、何人か見事に句にされていた。言葉もなし。


 宿に帰ると、玄関で炭火が赤々と燃えていて、ホッとさせられた。

     吟行の 疲れを癒す 炭火かな


 昼食は山楽荘の秋の精進料理で、茸づくしである。

秋の茸精進料理

 この料理を見て

     目と舌を 秋でもてなす 寺料理

と詠んだ。同様な句を詠んだ人が居たが、4点頂いた。

 出句まで、後20分。残るは2句。宿坊の庭を眺め、想像を膨らまして、

     苔庭を 紅葉で散らす 山の宿

     苔むした つくばい浮ぶ 薄紅葉

 何とか、苔庭は1点頂く事が出来た。

 今回は、10句作るだけで、精一杯。吟味する暇も無い。それでも14人全員10句出句。やれば出来ると言う事か。

大山紅葉Ⅰ2010/11/04

 大山の紅葉が見頃を迎えました。
 ニノ沢からは青空と薄く新雪の積もった槍尾根と紅葉が望め、北アルプスの様です。

大山二ノ沢

 大山の南壁を望む鍵掛峠。大山屈指の紅葉の名所となっています。

鍵掛峠

 鍵掛峠の近くは平日でも駐車スペースを求めて渋滞してますが、少し遠くに駐車して歩くと、こんな紅葉が楽しめます。


 木谷沢は烏ヶ山から紅葉の洪水が流れているようです。

烏ヶ山

 奥大山スキー場は一本一本の紅葉が綺麗で楽しめます。

奥大山スキー場

大山紅葉Ⅱ2010/11/06

大山寺の寂静山は美しい紅葉の木々が楽しめます。

大山紅葉

寂静山から大山寺に向う小径は大好きな散歩道です。




大山寺より香取に向う途中の川床は錦糸の着物のような景色が広がってます。


川床橋でせせらぎを聞きながら紅葉はなかなかオツですよ。


大山の紅葉をデジブックのスライドショーで楽しみたい方は垣をクイックしてください。ただし、12月6日までの期間限定です。
http://www.digibook.net/d/c304e973819bb0112aa67491406635ed/?viewerMode=fullWindow

登山教室参加2010/11/07

 鳥取県山岳協会主催の登山教室に参加した。
 初心者向けの内容であったが、今まで登山は我流でしかしてないので、基本を学ぶことにした。

 講習の項目は、登山装備(服装、携帯品)・道に迷った時の対応・地図の見方である。

 この中で、シルバコンパスの使用して現在地を確認する方法がが参考になった。

 講習の後、実際に山歩きをして、現在地の確認と、地形の見方の実践である。コースは船上山の瀧めぐりである。生徒20人、スタッフ5人、応援5人弱の30人近い人数のため、ゆっくり写真を撮っている暇は有りませんでしたが、昼食休憩した、千丈滝雄滝です。

千丈瀧雄瀧


 千丈滝雌滝は通り過ぎただけでしたので、撮っているうちに最後尾になってしまいました。

千丈瀧雌瀧

 逆光ですが、雄滝を振り返って。


 雄滝と雌滝の両方が見える所からは、完全に逆光で太陽がまともに入ってしまいました。


大山冠雪2010/11/11

 昨日、一昨日の冷え込みで大山は冠雪しているはずだ。今日の天気予報は晴天。期待して出かけたのだが・・・・・

 ニノ沢から見た大山の尾根は雲に包まれたまま。


 暫く待ったが雲が取れそうも無い。あきらめて蒜山に向うことにした。ところが途中の鬼面台から大山を見ると晴れて来た。

鬼面台

 直ちに、鍵掛峠に引き返したおかげで、紅葉と冠雪の大山を撮ることが出来た。

大山冠雪

鍵掛峠

 更に、ニノ沢に戻って撮り直したのだが、また、雲に覆われ始めた。一瞬の青空でしかなかった。

ニノ沢