考古学教室韓国旅行Ⅳ2010/09/13

 雪嶽山を観られる最後の機会と思い、朝窓ののカーテンを開けると、朝焼けの雪嶽山が現れました。
 1,708mの主峰は確認出来ませんでしたが、1時間後にはこの姿も霧に隠れてしまいました。

朝焼けの雪嶽山

 昨夜、泊まった雪嶽山観光ホテルです。赤い看板は昨夜の2次会の喫茶店。
 出発前に自慢の珈琲を皆に振舞って、見送ってくれました。

雪嶽山観光ホテル

 ホテルの前のレストランでの朝食。
 御飯とスープ以外は4人で箸を突っ突き頂きます。

ホテルの朝食

 雪嶽山の寒渓嶺 917mの峠での眺めです。ここでも、ついに、主峰の大青峰(1,708m)は見ることが出来ませんでした。
 また、来いよという事か。

寒渓嶺からの展望

 約半日掛けて、朝鮮半島を横断したのですが、国道も良く整備されていて、快適な移動でした。

 昼食はソウル近郊の議政府で牛骨スープの昼食。

牛骨スープ

 午後から、ソウル北側の軍事境界線の近くににある遺跡巡りです。

 揚州(ヤンジュ)市の檜巌寺跡は発掘が終わり、これから整備される遺跡です。
 儒教の国、高麗では珍しく国家が建設に関与したとあって、広大な寺跡で圧倒されました。

楊州 檜巌寺跡


 更に北へ上り、軍事境界線接している漣州(ヨンチョン)郡に入ると、軍の基地や装甲車のパトロールや道路の対戦車防御施設が目立ちます。

 全谷里(チョンゴンリ)遺跡国史跡は20年前遊びに来た米軍兵士が偶然石器を拾い、ソウル大学の金元龍教授に見せたことから発掘された遺跡です。
 子供達が遺跡に親しめる様、旧石器人達が等身大で復元されています。写真は旧石器人像の前でおどける佐古先生。

漣州 全谷里遺跡

 金元龍先生の碑の前で金武重先生が思い出をしみじみと語ってくれました。
 左端は柳本照男先生。

三佛金元龍先生記念碑

 臨津江(イムジン川)沿いの鶴谷里(ハンゴンリ)積石塚では大阪府立狭山池博物館館長の工楽先生ほか1名が加わり、

漣州 鶴谷里 積石塚

 金先生の説明を受けました。


 臨津江の上流は北朝鮮で、洪水のため北朝鮮の木製地雷が流失している恐れがあるため、河岸には 近付けないそうです。

臨津江

 臨津江と支流の合流部には地形を利用して築かれた、高句麗の百済侵略の砦の遺跡があります。
 瓠蘆(ホロ)古塁城跡は三角形の二辺は河川侵食による断崖で天然の城壁。

高句麗の砦

 残る一辺は石積みの城壁。4世紀侵攻した倭国の兵はこの様な城壁を攻め登ったのだろうか。
 なお、帰国してgooglの航空写真で場所を調べたら、軍事境界線より、わずか4kmの地点でした。

高句麗の砦の城壁

 ここで、金先生は工楽先生等を他の遺跡に案内するため、お別れ。

 ここからは柳本先生が現代史の案内。
 臨津閣(イムジンガク)は一般市民が北朝鮮に最も近付ける地で、離散家族が北朝鮮にいる家族を思って訪れる場所です。
 遠くに見える橋が自由の橋です。

臨津江に架かる自由の橋

 夕食はソウルに向かう途中で、豚肉の鉄板焼。肉の油を流すため、鉄板を傾けてコンロで焼き、肉と御飯を野菜に包んでいただきました。
 宿泊はソウルを素通りして、金浦(キンポ)のホテル。

考古学教室韓国旅行Ⅴ2010/09/14

 足掛け5日間の韓国修学旅行も今日が最終日。後は、仁川(インチョン)空港より帰国するのみ。
 ただし、ここからは米子空港行と関西空港行の二手に分かれて。したがって佐古先生とも、ここでお別れです。

 昨夜泊まった金浦のホテル。朝食はこのホテルの鮑粥。


金浦のホテル

 12:30 アシアナ航空で米子に向かって離陸。ジャンボと比べると小さな飛行機です。

アシアナ航空米子便

 今回旅行した江原道に上空よりお別れ。

江原道上空

 昼食は機内食。韓国風おにぎりでした。

 途中、鬱陵島が見えました。

鬱陵島

 13:45 米子空港着陸。

米子空港着陸

 今回の旅行で佐古先生ほか、日韓両国の考古学の先生方に大変お世話になりました。改めて感謝申し上げます。

追記
 韓国旅行で考古学以外の事で、日本にあって韓国に無い物が3つあると感じました。それは
 1.軽自動車
 2.低層アパート
 3.休耕田及び放置農地
 それが日本再生のヒントになりそうな気がします。

地蔵瀧の泉2010/09/19


 大山に水を汲みに行った。
 何時もはどんぐり村の本宮の水を汲むのだが、連休で混雑していると思い、地蔵瀧の泉で汲む事にした。
 瀧そのものは無くなってしまったが、泉は今も摂氏11℃の水が年間を通じて湧いている。

地蔵瀧の泉

 水辺に赤紫の咲いていた。色が濃いので自信が無いが、伊予風露と思われる。

伊予風露?


 これはタデ科タデ属で間違いないが、ママコノシリヌグイかミゾソバかアキノウナギツカミか。
 葉が細長いのでアキノウナギツカミと見たが、如何。

アキノウナギツカミ

 泉の対岸でツリフネソウが水遊びしてました。

ツリフネソウ


新花の百名山 道後山2010/09/26

 ようやく、猛暑から開放され涼しくなったので、山歩きの再開です。
 約4ヶ月振りなので、歩行時間が2時間弱の道後山から始める事とした。

 道後山は田中澄江さんの新・花の百名山に選ばれている。
 3回目であるが、過去二回は春しか登ってないので、初秋は初めてです。

 家を9時に出て、10時15分に月見が丘の駐車場に到着。

 歩き始めたら、早速ウメバチソウに出会いました。
 後は、もう初秋の野花のオンパレードです。出会った順に紹介しますね。

ウメバチソウ

 アキノキリンソウ

アキノキリンソウ


 ゲンノショウコ

ゲンノショウコ

 キバナアキギリ
  お化けが蝶ネクタイして長い舌を出していると思いませんか?

キバナアキギリ

 サラシナショウマ

サラシナショウマ

 ホソバノヤマハハコ

ホソバノヤマハハコ

 センブリ

センブリ

 イヨフウロ

イヨフウロ



 リンドウ

リンドウ

 今回は、岩樋山を迂回して直接、道後山にむかいました。
 鞍部より道後山に登る途中、岩樋山を振り返って見ました。

岩樋山

 道後山へ尾根道はのイヌタデとホソバノヤマハハコの群落の花道でした。

アカソ

 11:40 道後山山頂に到着。
 広い芝生の山頂は弁当にもってこいですが、私はここより日本庭園の様な岩樋山の山頂の方が好きなので、8の字を描くルートで岩樋山へ。

道後山山頂

 道後山山頂には、マツムシソウ

マツムシソウ

 ヤマラッキョ

ヤマラッキョウ

 ツリガネニンジン

ツリガネニンジン

 12:30 岩樋山山頂到着。ここで、昼食。
 写真は岩樋山より見た道後山。
 大山は雲に隠れてましたが、東は蒜山、南は瀬戸内の島々?西は吾妻山、北は島根半島と360度の眺望です。
 
岩樋山より道後山

 13:00 岩樋山出発。頂上付近にカワラナデシコ。

カワラナデシコ

 ヒョウモン蝶に遭遇。何ヒョウモンだろう?裏見せて。

ウラギンヒョウモン

 ウラギンヒョウモンの様です。


 下山の途中、今日の目的、新・花の百名山で道後山の代表花とされている、アケボノソウにやっと出会いました。
 
アケボノソウ

 13:40 月見が丘駐車場に下山。

 帰路、今日は気分良い山歩きだったと思いながら、快調に走っていたのですが、途中ムカつくアクシデントあって台無し。

 追記:もっと、初秋の道後山の写真を見たい方は下記にアクセスしてデジブックのスライドショーをお楽しみ下さい。
http://www.digibook.net/d/4955cfbbb1589805ad2aee97647d75ed/?viewerMode=fullWindow
ただし、10月27日までの期間限定です。

曼珠沙華2010/09/30

 道後山に行く途中、法勝寺の土手に彼岸花が咲いているのを見かけたので、写しに行きました。

 桜並木の土手の両側に咲いています。


 まるで、赤い絨毯を敷き詰めたよう。






 あれー!赤い彼岸花の中に白い彼岸花?


 子供の頃、悪がきに「♪女の中に男が一人~」とからかわれた事をふと思い出しました。





曼珠沙華